無料相談

HOME > 夫婦問題・離婚問題に役立つアドバイス > 夫の浮気・不倫                 

「夫の浮気・不倫」について

夫の浮気・不倫により傷心の日々を送っている奥様は、貴女だけの特別の悩みではなく、年齢を問わず、数え切れないほどいます。

 

浮気の発覚は、以前はシャツについた口紅のあとや、固定電話への無言電話などからでしたが、今 浮気の発覚する切っ掛けが圧倒的に多いのが携帯電話です。

夫が携帯電話の着信音を切ったり、ロックを掛けていたり、絶えずメールをしていたりして、いつも携帯を手にしている事などから、妻が不信に思い夫が就寝しているときに携帯をチエックすると、やはり女性と親密なメールをしている事が分り、夫の浮気疑惑または浮気が発覚しています。

 

ここで、夫を問い詰めてはいけません!!

 

メール内容が、女性と親密な関係を臭わせていても、あくまでも「文章」だけです。

ここで夫を問い詰めると、「ただのメル友」「相談に乗ってただけ」等いろんな言い訳をされてしまい、確かな証拠がない為に、それ以上の追求ができません。

ましては、そのことを理由に「離婚だ」「慰謝料だ」などは、性急すぎます。

たとえ離婚など考えていなくても、ここはぐっと我慢して、夫の行動を観察し、不信な行動をする日に、女性と接触する現場を押さえる、つまり有無を言わせない確かな証拠を掴むことが大切です。証拠を得る前に、夫を追及し、適当な言い逃れをされたあとに、浮気の証拠を掴もうとしても、夫に警戒心が強くなると共に、浮気が巧妙になり、浮気の証拠がつかめなくなります。

 

奥様自らでは浮気の証拠がつかめない、動けないならば、信頼おける「探偵」「興信所」に調査を依頼する事です。調査費用で多少の出費をしても、夫への不信感で悩み続ける日々によって、本当に修復ができない関係になる事、または誰にも相談できずに一人で悩み続けることで、精神的に病んでしま事などを考えたら、多少の出費をしてでも確かな証拠を掴むことが大切です。

 

夫の浮気疑惑に対し、妻が夫への疑いの心を持ち続けながらの日々の夫婦生活に於いて、もしくは夫の浮気を確信した妻の精神的な負担は、非常に大きなものです。この精神的な負担は、精神疾患や、身体異常を引き起こし、ついには心療内科のお世話になる例も多々あり、このような疑いの心を持ち続けながらでは、円満な夫婦生活を続ける事は困難であり、家庭崩壊を招きます。

 

「有無を言わせない浮気の証拠=離婚」だけではありません。
確かに離婚・慰謝料請求を有利にするには、浮気の証拠は欠かせませんが、夫婦関係を修復する材料・夫を浮気相手の女性にのめり込ませない為に必要な証拠であり、事実関係の確認作業なのです。

「有無を言わせない浮気の証拠=浮気をやめさせる証拠」でもあります。

 

夫婦関係を修復する為には、夫の浮気の事実関係を確認し、お互いが良く話し合う事が唯一の夫婦関係修復の近道です。

夫が浮気するに至った原因・起因を知る事によって、夫婦で解決できるものは解決し、第三者の助言等が必要であれば、素直にアドバイスを受け関係修復をすることです。