無料相談

HOME > 夫婦問題・離婚問題に役立つアドバイス > 浮気の証拠について               

浮気の証拠について

交渉を有利に進めるには不貞・浮気の証拠が不可欠です。

浮気・不貞の解決の為の話し合いの中で交渉を進めていくと、最初は相手方も浮気や不倫を認めていても、いざ手続きを進行していく途中で不利な状況に追い込まれていくと、それまで認めていた事実を否定する場合が多々あります。それに備える為にも浮気・不貞の証拠は必ず必要です。

 

又、不貞を理由に慰謝料を請求する場合には、その「不貞行為」が「婚姻関係を破綻させたかどうか」の因果関係の立証も必要になってきます。

 

裁判で争うまでいかない場合にも、各種(慰謝料・養育費など)の交渉の際には有利な材料となりますから、できる限りの証拠は集めておいた方がよいでしょう。

 

裁判で争う場合には、この二つを証明できる証拠が必要になります。

・「性行為の存在を確認ないし推認出来る証拠」

・「ある程度の継続性のある肉体関係を伴う男女の関係」

 

 

 

<一般的な浮気・不貞の証拠とは>

ホテル(旅館)やマンションに出入りする場面を撮った写真やビデオ

浮気・不貞相手からの手紙、メモ、メール

電話の録音テープ

第三者の証言

当事者の陳述書

探偵社・興信所の報告書、調査員の証言