探偵福岡の無料相談

HOME > 浮気調査(素行・行動調査) > 浮気調査ご相談例(最新)                   

浮気調査のご相談例

実際にあった浮気調査・行動調査の具体的な実例をご紹介しています。ご参照下さい。

最新のご相談例

 

ご相談内容&依頼に至るまでの経緯

ご相談者:弟(43歳・自営業)

対 象 者:義兄(48歳・管理職)

 

姉が大病で、長期の入院をしている中、義兄が療養中の姉にお金を無心してくる。
それなりの収入があり、お金に困るはずがないのにと、不審感を抱くようになりました。すると義兄の周辺に女性の陰があるような噂を耳にしました。
今後、離婚とかなった時の為に、また何も知らない姉の為に、お金の使途や浮気の有無など事実確認をしたいと考え、信頼がおける探偵会社を捜して、調査を依頼しに来ました。

 

ご依頼者である弟さんが義兄の日常の行動を把握していない為、不審な時間帯が分らない事、および経済的な状況から高額な調査費用を掛けて何回も尾行調査をする予算がない事や、偶然の調査結果を期待するのではなく、まずは10日間の車輌動向調査を提案、その車輛動向調査の結果を参考に、1回の尾行調査を提案させて戴きました。

 

 

調査結果

10日間の車輌動向調査の結果、週に3日以上 退社後に公園の駐車場に2時間程停車しているのが判明。
同公園で誰かと逢っている可能性が高い事から、尾行調査をその不審な時間帯に合わせて調査。
その結果、義兄が暗がりの公園駐車場内に車を停めると、待合せをしていたと思われる女性の車が現れると、その女性は義兄の車に乗込み二人だけの時間を2時間程過ごしているのを確認し、浮気の事実の証拠を得る事が出来ました。

 

浮気の証拠が暗がりとは言え車内である為、証拠能力が弱い事から会っている事実の積み重ねが必要とアドバイスをしましたが、ご相談者である弟さんは、予算の都合からとりあえず一端調査を終えて、家族と相談してみますとの事でした。

当社もとりあえず弁護士に現時点の調査結果で証拠として有効であるかの相談に行かれることを勧めました。

 

 

依頼者様 から

その後、依頼者より今回の調査について「1回だけの車内デートでは、証拠能力が弱いのでさらなる調査をと、弁護士に言われました」「少ない調査予算をご理解戴き、無理に追加調査を進めるのではなく、出来るだけ調査費用が掛からないような心配りや、調査中の心温まるアドバイスを戴き、ほんとに有難うございました」「今後、追加調査を依頼する事になると思いますので、その時は宜しくお願いします」と、お礼の言葉を戴きました。 当社がご相談者の立場に立つという案件でした。

 

・調査費用  10日間の車輌動向調査  150,000円

・尾行調査  1回5時間以内の調査   110,000円

 

浮気調査・素行調査の関連事項

浮気調査について

浮気調査実例と料金

浮気調査実例と探偵料金

浮気調査実例と料金

浮気発見・浮気チェック

夫の浮気兆候Q&A

行動確認調査報告書

浮気調査相談例