探偵福岡

HOME > 夫婦問題・離婚問題に役立つアドバイス > 浮気と慰謝料の関係について知っておきたい事   

浮気と慰謝料の関係について知っておきたい事

「夫が、妻が、浮気した」これは、下記民法上・に於いて、離婚の条件を満たす事となります。

 

(裁判上の離婚)第770条

夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。

・配偶者に不貞な行為があったとき。

・配偶者から悪意で遺棄されたとき。

・配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。

・配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。

・その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

 

但し、早く離婚したいからといって、いきなり裁判とはなりません。まずは家庭裁判所で調停(数回の話し合い)を行い、離婚の合意が成立しない場合のみ、家事審判手続に移行し、裁判となります。

 

慰謝料は、「不貞行為(浮気)」の事実に対して慰謝料を請求することが認められています。

但し、「浮気」以前に夫婦関係が既に破綻していた場合は、この「不貞行為」を理由に慰謝料を請求することが出来ないケースがあります。

 

また、当事者(夫もしくは妻)が結婚している事を隠して、浮気相手と関係をもっていた場合なども、「慰謝料請求が困難なケースです。さらに、当事者(夫もしくは妻)が浮気相手に隠してはいたが、既婚者であると知っていた」もしくは「知る事ができる状況にあった場合」なども、慰謝料減額のケースあります。

 

このように、夫や妻が「浮気・不倫」をしたからといって、必ずしも慰謝料の請求が認められるわけではありませんので、もよりの弁護士に相談されてから思案された方が良いでしょう。