探偵福岡

HOME > 夫婦問題・離婚問題に役立つアドバイス > 浮気=不貞行為での離婚             

「浮気=不貞行為での離婚」について

浮気の証拠がないまま配偶者との離婚を迫っても、嘘をつき通されてしまいます。

 

家庭裁判所において、浮気を理由に離婚する場合には、申立て側が配偶者と浮気相手との交際の証拠もしくは、これまでにわかっている事柄などから推し量って、事実はこうであろうと認めることできる証拠が必要となります。特に裁判離婚においてでは、浮気の証拠が不十分な場合、憶測や推測とみられ、離婚請求を棄却される場合もあります。

 

また、配偶者の浮気を原因として、離婚請求をする場合には、この浮気が結婚生活を継続できない破綻の原因であるという事も立証する必要があります。

夫婦関係が既に破綻している中で配偶者が浮気した場合、この浮気と結婚生活の破綻に関連性が認められないので、浮気を理由に離婚請求が出来ない可能性が高いようです。

 

浮気の証拠が無くても、離婚の請求はすることは出来ますが、この場合 結婚生活を継続し難い重大な事由にて争っていくことになります。 しかし、この場合では、慰謝料の金額に大きく影響してしまい、慰謝料が無しや、慰謝料が大幅に少なくなったり、浮気不倫相手にも慰謝料の請求ができなかったりします。

慰謝料や財産分与、養育費や親権などを有利にするためには、確かな浮気の証拠は必要となりますので、浮気を理由に離婚請求する場合には、信頼できる弁護士に相談し、信頼出来る探偵会社を利用するのがよいでしょう。