探偵福岡

HOME > 夫婦問題・離婚問題に役立つアドバイス > 離婚における慰謝料               

「離婚における慰謝料」について

高額所得者は別として、一般的な慰謝料の平均は100万?600万円の範囲が目安です。

離婚理由等によって、低くなったり高くなったり、相手の収入によっても変わりますので、参考程度にされておかれるのが良いでしょう。

 

また、

慰謝料の額は、相手の社会的地位、資産、年齢、浮気行為の回数や期間など、様々な事情が総合的に判断されて、慰謝料の額が決まります。

尚、一般的に裁判での離婚より、示談での慰謝料請求の方が、高い慰謝料を受け取れるケースが多いようですから、専門家である弁護士に、まずは相談してみましょう。

 

 

相手が慰謝料を支払えない場合は、双方の話し合いで、一括から分割、減額など慰謝料の見直しをするなど様々なケースがあります。どうしても相手が支払わない場合は、給料差し押さえや財産差し押さえもできますので、専門家である弁護士に一度 相談されるのが良いでしょう。