探偵福岡

HOME > 夫婦問題・離婚問題に役立つアドバイス > 慰謝料請求をするための条件           

パートナーの浮気に対して、慰謝料請求をするための条件

夫や妻が、浮気をした事実・証拠をもって証明する必要があります。

 

既に、夫婦生活が破綻しているような場合に於いての浮気は、過去の判例(離婚裁判)などによれば、慰謝料が貰えない場合もあるようです。

ですから、浮気をした夫や妻に対する慰謝料請求は、基本的には、夫婦生活が破綻していない場合、もしくは夫婦生活が破綻する以前の浮気である事がポイントとなります。

 

また、夫や妻が浮気相手に対して、自分が独身であると偽って交際したり、さらには結婚をちらつかせて、浮気相手との関係を持っていた場合などは、その経緯や程度が考慮されて、夫や妻、そして浮気相手からの慰謝料が減額されたり、全く貰えない場合もあります。

 

尚、慰謝料にも時効がある事を、ご存知ですか?

 

浮気の事実・証拠を得た時点から、3年を経過した場合は、その効力が無くなり、その浮気を理由に離婚もしくは慰謝料請求などは、出来なくなりますので、夫や妻の浮気の事実・証拠を得た時点から、今後の夫婦生活の継続有無を良く考え、専門家である弁護士などへ、一度 相談に行かれるのを、お勧めします。