探偵福岡

HOME > 夫婦問題・離婚問題に役立つアドバイス > 離婚の話合いがまとまりません。         

 

「離婚の話合いがまとまりません。どうすればよいですか?」について

 

 

夫婦間の話合いによる離婚(協議離婚)ができない場合、まず、家庭裁判所に夫婦関係調整調停の申立てをすることになります(調停前置主義)。調停は成立し、夫婦が離婚することについて調書に記載されると、離婚の効力が生じます(調停離婚)。

この場合、調停が成立した日から10日以内に、市町村村役場へ離婚の届出を行います。

 

 

離婚の調停が成立しない場合や、調停に代わる審判が効力を失った場合は、家庭裁判所で離婚を求める裁判を起こすこともできます。

 

 

ただし、裁判による離婚(裁判離婚)は、法律で定められた離婚原因がない限り認められません。具体的な離婚原因は、次のとおりです。

 

 

@配偶者に不貞行為があった場合

A配偶者から悪意で遺棄されたとき

B配偶者の生死が3年以上明らかでないとき

C配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき

D@〜C以外に、婚姻を継続しがたい重大な事由があるとき