探偵福岡

HOME > 夫婦問題・離婚問題に役立つアドバイス > 親が離婚すると子どもの氏や戸籍は         

 

「親が離婚すると、子どもの氏(姓・名字)や戸籍はどうなりますか?」について

 

 

結婚の際に氏(姓・名字)を変えた親は、原則として、離婚すると旧姓に戻ります(復氏)。 他方、子どもの氏は、もとのままです。

 

そこで、親の離婚にあたり、子どもの戸籍や氏を変える方法として、家庭裁判所に子の氏の変更許可の申立てをすることができます。

 

 

家庭裁判所が氏の変更を許可した後、市区町村役場で氏の変更届をすると、子どもの氏が変更され、旧姓に戻った親の戸籍に入ることになります。なお、氏の変更届は、原則として子ども自身が行うことになりますが、子どもが15歳未満の場合は、親権者が行います。

 

 

なお、結婚に際して氏を変更した親が、婚姻中の氏を離婚後も引き続き使用する場合(婚氏読称)でも、子どもは元の戸籍(結婚時に氏を変更しなかった親の戸籍)に入ったままです。したがって、同じように、子の氏の変更許可を得なければ、婚氏読称の手続きをした親の戸籍に入れることはできません。

 

また、父母が離婚し、いずれか一方の親が親権者となった場合、子どもの戸籍に「親権者」の氏名が記載されることになります。