探偵福岡

HOME > 夫婦問題・離婚問題に役立つアドバイス > 離婚してから財産分与の話はできる?       

「離婚してから財産分与の話はできる?」について

 

離婚した後でも、財産分与の請求は可能です。

ただし、離婚してから2年経つと、財産分与を求めることはできなくなります。

 

 

財産分与とは、公平の観点から、結婚している間に夫婦が協力して築いた財産を、離婚に際して分け合うことです。その財産(特に、土地や建物、定期預金、乗用自動車など)の名義が夫婦の一方のみになっていても、分与の対象であることに変わりありません。

これに対し、自分が親から相続した財産など、夫婦が協力して築いた財産にあたらないものは、財産分与の対象となりません。

 

 

財産分与の具体的な方法は、通常、夫婦間の話合いで決められますが、話合いがまとまらない場合は、家庭裁判所の調停や審判の手続きを利用する方法もあります。ただし、離婚から2年経った後は、財産分与を求めることはできません。