探偵福岡

HOME > 役立つ法律関係について 離婚を有利にする法知識 > 裁判費用             

離婚を有利にする法知識/裁判費用について

【離婚で損得するケース】/間違いだらけの対応

【離婚用語】/これだけは知っておきたい離婚用語

【調停離婚】

【審判離婚】

【裁判離婚】

【協議離婚】

【離婚とお金の関係】

【慰謝料】

【裁判費用】

【離婚調停の家庭裁判所への申立て方法】

I【裁判費用】

夫婦の意見が一致せず家裁調停が不成立になれば、争いの場は裁判所へ移り
  ます。

 

裁判に要する費用は?

夫婦の話し合いが決裂、家裁調停も不成立、審判もくだされない。

そんな状況でも離婚をのぞんでいれば、地方裁判所に離婚訴訟を起こすことになります。

裁判に必要な印紙代は、各請求の印紙代に加え、切手代、さらに法廷に証人を呼んだ場合は日当・旅費もプラスされます。

これらの諸費用については裁判に勝てば相手方に支払わせることができますが、探偵や弁護士に依頼した費用は相手に請求できません。

 

裁判に要する費用は?

離婚に関するいろいろな相談を弁護士にする時は、大体30分あたり5000円〜10.000円が相場です。相談したからといって調停や裁判の依頼をしなければならないことはありませんので、気軽に相談してみるのもひとつの選択肢です。

 

裁判に要する費用は?

離婚に関する示談や調停の代理人として、または離婚訴訟での弁護士に依頼した場合、離婚調停や裁判であれば着手金・成功報酬それぞれ20〜60万円の範囲におさまります。

 

 

これとは別に慰謝料などの経済的利益が絡んでくれば、その請求金額よっ
  て弁護士報酬も決まりますので、依頼する弁護士と良く相談して下さい。