探偵福岡の無料相談

HOME > 結婚調査(身元・信用調査)/結婚調査について                      

結婚調査(身元・信用調査)/結婚調査について

結婚調査・身元調査・個人信用調査の調査実例・調査費用・探偵料金プランなどのご案内です。

 

最低限の身元だけは、調べておきましょう!!!

 

   当事者同士が決めたことだから・・・
   信用がおけそうで、優しい人のようだから・・・
   子供が出来たから・・・

 

 

今! 娘さん、息子さんの目はハート一色。
結婚相手の全てが良いようにしか見えていない状態です。
私達は、そんな結婚の失敗例を多くみてきました。

結婚相手の身元調査をする事で、全てが幸せな結婚になるとは言いませんが、
「幸せな結婚をして欲しい」と願う親として、結婚を考えている相手が
「本当に信頼できる人なのか」「言っている事は本当なのか」、
確認をされる必要があります。

 

大切な子供にとって、華やかなる人生へ門出。

「転ばぬ先の杖」として、後悔しない為の「結婚事前調査」をお勧めします!

 

デフォーの名言より

 

悪い夫を手に入れる女性は、
たいがい結婚を急ぎ過ぎた人です。
よい夫を得られるなら、
いくら結婚が遅れても、
遅すぎることはありません。

(英国の作家、ジャーナリスト・『ロビンソン・クルーソー』の著者 / 1660〜1731)

 

結婚調査・身元調査とは・・・・・

恋愛から結婚へ。その結婚の全てが、幸せな家庭となるとは限りません。

一昔前までは、「高学歴」「高収入」「高身長」が結婚相手の理想条件として言われていましたが、今時の結婚相手を決める条件は、一時の「恋愛感情」だけで結婚へと突き進む事が多くなったようです。

 

パートナーの優しさや実直さ、誠実さなどの人柄を良く観察しないまま、目の前のことを優先して結婚したばかりに、後で後悔する事例が多くなってきたようです。

 

人の生涯で最も慎重に選択されなくてはならない人生の分岐点。 好きだから・・・、一緒に居たいから・・・、結婚適齢期だから・・・、子供が出来たから...一時の感情で【結婚】すると言う安易なものではなく、妻となり、母となり、孫が生まれ、一生を添い遂げる人生のパートナー探しが「結婚」なのです。

 

以前は、婚約者の両親とお会いし、事前に履歴書・身上書・家族書(生活状況書:学歴、収入、家族構成などお互い理解しておきたい必要事項が記載された物)を交わした中で、当人のご両親から結婚に関する調査の依頼をお受けするのが一般的でしたが、昨今、相手の両親とお会いする以前の段階で婚約し、何にも分からずに困惑した両親が依頼してくる事例が増えています。

 

信頼していた婚約者の人間性すら疑うべき事実が判明する事例は調査上多々あり、相手方に悪いとお思いの方もいらっしゃいますが、生涯のパートナーとなる人物であるからこそ、不幸な結末になる前に、結婚を考えている相手が本当に信頼できる人か確認する必要があります。

 

結婚調査・身元調査の調査項目例

 

  家族構成(簡易および詳細)

  自宅近隣風評(本人および家族の近隣住民との関係・悪評・トラブル有無)

  生活状況(自宅外観等からの生活レベルおよび居住地周辺の環境)

  家族の勤務先(本人・両親・兄弟の勤務先)

  本人勤務先での勤務態度・評価

  勤務先・自営業の経営状態

  現居住先不動産所有者状況(借入による担保はないか)

  本人の借入状況(大きな借金はないか)

  過去の離婚有無(相手方が40歳独身だが本当に独身なのか、離婚歴は無いのか)

  離婚理由(相手方が再婚だが離婚理由を知りたい)

  素行・行動調査(他の異性との交際やギャンブルの有無、日常の行動)

  その他=お問合せください。

 

当社は差別調査は行いません。

日本興信所は個人情報保護法を遵守致します。

ご相談者様並びに対象者の情報を他に使用する事は絶対にありません。安心してご相談下さい。

対象者周辺等への内偵・取材による調査。

 

結婚調査のご相談例

 

実際にあった結婚調査・身元調査の実例をご紹介してます。ご参照下さい。

結婚相手紹介サービスをめぐるトラブル

国民生活センター(消費者生活センター)への相談事例

結婚相手紹介サービスは、「特定商取引法」の対象となっており、消費者が契約途中でも解約できるようになっています。役務提供事業者に対して、書面交付義務、不適切な勧誘行為(不実告知、威迫困惑行為)の禁止、クーリング・オフ、中途解約時における損害賠償額の制限等の規制が適用されます。

 

結婚相手紹介サービスに関する相談は、解約や返金に関するものなど様々です。

 

・2006年度の相談件数 2,837

・2007年度の相談件数  764(前年同期 653)

 

最近の事例(相談者の申し出内容をもとにまとめられたものです。)

@ 結婚相手を紹介する会の会員になった。サクラの男性会員が多い。女性会員がかわいそうなので、情報提供して欲しい。
A  結婚仲介業者の仲介により中国人と結婚したが、条件や料金面で不審な点が多く、仲介業者に支払いたくない。
B 1年半前に雑誌を見て結婚紹介所に入会した。3人は紹介されたが、サービス内容が納得できない。情報提供したい。
C 知人の紹介で会員になった結婚相談所。交際を続ける場合は成婚料を請求される。システムが変だ。
D 結婚相手紹介サービスの契約をしたが、クーリング・オフの通知をした。しかし連絡がない。
E 子どものところに3年前から結婚情報サービス会社から頻繁に電話がある。この会社は信用できる会社か。
F 結婚相談所に入会したが、入会前と後では対応が異なる。退会したいが中途解約などについて最初に説明を受けていない。問題だ。
G 結婚相手紹介所に入会したが、自分の希望に合う人を紹介してくれない。解約したい。返金額はいくらか。
H 新聞等でシニア対象の広告を見て、参加費を払って参加した。年会費等も払ったが、相手の情報が開示されない。不審。解約したい。

 

国民生活センターでは、「暮らしの相談窓口」にて消費・生活に関するトラブルや対策方法をご紹介していますので、お困りの事例がありましたらご相談されて見られるのもひとつの解決方法かと思います。・・・暮らしの相談窓口