探偵福岡

HOME > 夫婦問題・離婚問題に役立つアドバイス > 間違いだらけの探偵社選び-3           

「間違いだらけの探偵社選び-3」について

「全国ネット」と謳い、あたかも全国に支社があるような広告や芸能人を広告塔にしたり、インターネット上や街のあちらこちらに看板が掲示されているような会社は、避けた方が懸命かもしれません。

 

探偵業は、依頼者からの相談問い合わせが主な営業窓口であり、日々 電話が鳴るのを待っている状態です。その問い合わせ電話が多く掛かるようにするには、多種多様な広告を出さなければなりません。そうなれば、自ずと広告宣伝費が膨大なものとなり、その広告宣伝費は調査費用にしわ寄せがきます。

 

調査費用の平均は、調査の難易度や調査内容・調査員の人数で費用は異なりますが、1回5時間以内の調査で10万円前後が妥当な料金です。しかし広告宣伝に膨大な費用を掛ける会社の料金は、同じ調査なのに約3倍(30万前後)以上の料金設定をしている会社が多いようです。
また、全国に支社があるかのように広告表記している会社がありますが、全国に直轄の支社を置く事は、経営上無理があります。仮に直轄の支社があっても支社とは名ばかりで、営業のスタッフがいるだけであったりする事があるようです。

あなたの大切な依頼案件・調査費用は、安い価格であなたの知らない下請け業者にまわされたり、調査技術のないかけだしの探偵やアルバイトに任される事となります。

 

良い探偵会社は、維持費を抑えて、小さな事務所で、少人数のスタッフで、探偵業法を遵守している会社。

 

安請け合いをせず、調査の失敗もある事を堂々と話してくれる会社を、お勧めします。

 

上記は、ほんの一例です。今後も続けていきますので、参考にしてください。