探偵福岡

HOME > 暮らしのトラブルQ&A > 金融商品等の取引を口実とした詐欺                

金融商品等の取引を口実とした詐欺

 

電話やダイレクトメール等により、実態のない会社(休眠会社)や上場する予定もない企業があたかも上場間近であるように装い、「上場すれば株価が跳ね上がり必ず儲かる」等と虚偽の情報を提供して未公開株の購入を持ち掛け、現金を口座に振り込ませるなどしてだまし取る詐欺が発生しています。

同様に、社債等の金融商品や、イラクディナール等の外国通貨購入を持ち掛けるなどの資産運用に絡む詐欺が発生しているので注意してください。

なお、未公開株取引等の問題に関する関係機関の取組状況は、下記のウェブサイトでご覧いただけます。

 

○未公開株購入の勧誘にご注意!〜一般投資家への注意喚起〜

 ・金融庁のウェブサイトはこちら

 ・消費者庁ウェブサイトはこちら

 ・日本証券業協会のウェブサイトはこちら